Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

超簡単!日付表示形式を一発で指定する

こんな表を作りたいとしましょう。 

f:id:skn_0410:20160211064759p:plain

最初は、こうなります。

f:id:skn_0410:20160211063036p:plain

初期設定が、"year" に なってるんですよね。

で、'+' を開いていくと、

f:id:skn_0410:20160211063155p:plain

f:id:skn_0410:20160211063213p:plain

f:id:skn_0410:20160211063245p:plain

このケースでは一月分しかDataがないので、”Day" に辿りつくまで意味ないし、"Day"のビューもイマイチです。

f:id:skn_0410:20160211063437p:plain

月の真ん中あたりの日付に、それぞれの表示がありますが、最初と最後のほうでは見えません。

”Exact Date” にすれば、元のデータの形式にしてくれるので、やってみます。

f:id:skn_0410:20160211063605p:plain

何か間違ったことをした、ということを知らされます。

f:id:skn_0410:20160211063710p:plain

が、ここはこれでOK。

"Discrete" にしてあげます。

f:id:skn_0410:20160211063843p:plain

f:id:skn_0410:20160211064400p:plain

ありゃりゃ、元のデータは余分な時間情報を持ってたみたいです。

しょうがないので、

f:id:skn_0410:20160211064508p:plain

 

f:id:skn_0410:20160211064553p:plain

 

ようやく、見れる形にできました。

f:id:skn_0410:20160211064720p:plain

いちばん、短いステップで、

Date ==> More ==> Custom ==> MDY 選択 で結構手間がかかってます。。

 

で、簡単ワザ、誰もここまで読んでない気もしますが。

マウスの右側を押さえたまま、ドラッグします。(普段は左ですよね)

f:id:skn_0410:20160211065220p:plain

一覧、出してくれま~す。

f:id:skn_0410:20160211065325p:plain

では、自分で試して、楽しんでください。

 

public.tableau.com